グループホームとは

グループホームの数も拡大

グループホーム求人2画像

社会的に、高齢化が進み認知症高齢者の数も増えてきた近年。

その情勢に合わせるようにグループホームの数もゆるやかにではありますが増加傾向にあります。

グループホームは、認知症高齢者のための住まいとして「認知症対応型老人共同生活援助事業」と呼ばれ、家庭に近い環境で、入居者の能力に応じてそれぞれが料理や掃除などの役割を持ちながら、自立した生活を送ります。

認知症にかかっている高齢者が入居を検討する施設としては、最初に名前が上がってくるものでもあります。

グループホームの仕事内容は、認知症(痴呆症)の症状を持ち、病気や障害で生活に困難を抱えた高齢者が、専門スタッフの援助を受けながら1ユニット(5~9人)で共同生活する介護福祉施設です。

グループホーム内での活動内容

就活ケアハウス求人3画像

入居者は介護サービス、生活支援サービスを受けながら、食事や掃除・洗濯を自分たちで行い、共同生活をしていきます。

リハビリやレクリエーションの機能訓練を通して、認知症の進行を緩やかにして、健康的な暮らしができるように対応しています。

全国の綺麗なグループホームの求人情報

グループホーム求人4画像

全国に新しくオープンしたグループホームで共に働いて頂ける方を募集しております。

グループホームを共に支えてくださる方・明るく楽しくお仕事をしませんか?

利用者との関わり合いで、新しい自分を発見できるチャンスです。

全国には、沢山のグループホームがありますが、最近では常に新しい事に挑戦する前向きなグループホームも増えて、働く方も共に成長していけるような環境を整えています。

また、利用者により良い介護を提供する為、月に一度程度のスタッフミーティングを行っていたり、働く方にも安心と安定をモットーに働きやすい環境作りにも力を注いでいるグループホームが多数あります。

お仕事を通じて、新しい自分を発見しましょう。きっと今とは違う新しい考え方を手に入れることが出来ます。

グループホームの求人を探している方、介護について詳しく勉強していきたい方、自分磨きをしながらお仕事をしたい方、 就職や転職に悩みが多いと思います。

全ての悩みを解決できるグループホームの求人募集サイトがあります。

是非、あなたのグループホームの就活にお役立て下さい。

グループホームの就職で悩んでいるあなたに!山口県有料老人ホーム求人状況

グループホーム求人6画像

高齢化社会が進む中で、介護の問題はさけては通れません。

少子高齢化により、高齢者の数が年々増え、グループホームがたくさんでき、それを担う介護士の数も不足がちです。

これから日本の10年20年後の将来には今の2倍以上の介護職員が必要であるという試算がだされています。

グループホームの求人はどの都道府県でも他の業種と比較すると多いほうです。

また、都道府県別に比較するとグループホームの有効求人倍率はやはり首都圏で高い傾向にあり、北海道や東北、九州は低いです。

グループホームにおける介護士の役割は非常に大きく仕事は大変ですが、そのぶんお年寄りやそのご家族から感謝されとてもやりがいのある仕事です。

ほかの業種より求人が多いので就職・転職するする際も自分の合ったところをいろいろ選べ就活に有利に展開できると思います。

あとは、根気よくがんばれば、努力は報われますし、何よりもお年寄りと接することが好きな人やコミュニケーション能力が高い人が向いていると思います。

あなたの就活でグループホームの求人に対する条件は?

給与や待遇も大切な条件ですよね。

グループホームの就活で悩んでいることがあるなら直ぐに問い合わせてみてください。

介護業界への転職・就職を決めた理由は?

まず、あなたの気持ちを整理しましょう。
介護業界への転職を決めた理由はなんでしょうか。それが新しい転職先を探すための大事なポイントになります。

「仕事へのやりがい」これが理由の方がたくさんいらっしゃると思います。



財団法人介護労働安定センターが実施した、平成 22年度の「事業所における介護労働実態調査」、「介護労働者の就業実態と就業意識調査」では、介護職への就職を決めた理由として、「働き甲斐のある仕事だと思ったから」という理由が一番多くあがっています。

また、現在の仕事の満足度アンケートでは「仕事の内容・やりがい」が 52.8% で1番多くなっています。「人や社会の役に立ちたいから」、「お年寄りが好きだから」も多い回答でした。

介護の道へ進む方は、「仕事内容とそのやりがい」が重要で、「それが人の役に立っていることが喜び」という優しさと愛情を持った方が多いですね。

介護・福祉のお仕事内容

ホームヘルパー、施設介護職、ケアマネジャー、生活相談員など、介護・福祉に関する職種はさまざまあります。職種によって仕事内容が異なりますが、意外と曖昧な理解のまま過ごしてしまっていることも多いようです。
それぞれ職種によって必要な資格も異なりますので、介護・福祉の主な職種をご紹介します。


介護職・ホームヘルパー(介護士、介護スタッフ、ホームヘルパー、サービス提供責任者)

介護職・ホームヘルパーの仕事内容は、お年寄りや身体が不自由な方の身のまわりのお手伝いや、日常生活のサポートがメインとなります。具体的には、掃除、洗濯、食事、入浴、排泄、移動など、生活全般の援助をしています。

活躍の場は、在宅介護されている方の自宅、老人ホーム、ケアハウス、デイサービス施設などさまざまです。

直接身体に触れる介護(身体介護)をする際には、ホームヘルパー2級以上、もしくは介護職員初任者研修 修了以上の資格が必要となります。

老人ホームやデイサービスなどでは、無資格でも働ける場合があります。無資格で可能な仕事をしてもらいながら、介護職の資格を取得してもらい、取得次第、仕事の範囲を広げるというやり方をしている施設であれば、無資格での就職・転職も十分可能です。

学歴や過去の職歴よりも、仕事に対する知識と技術、前向きな姿勢、意欲、責任感、人間性などが重要視され、ご自身の心身の健康体調管理、体力維持も必要となる職業です。

※「ホームヘルパー2級」は2013年3月末でなくなり、代わりに新たに「介護職員初任者研修」という制度が導入されました。

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャーは、正式には「介護支援専門員」といいます。

専門的な立場から、「ケアを受ける側」と「ケアを提供する事業者」の間に立ち、個々のケースを理解しつつ諸事情を検討した上で、ケアプランの作成を行います。

事業者によるサービスが適切に提供されているかなども定期的に検証し、必要に応じて見直しを行うなど、いわば介護のコーディネーター的な役割です。

専門知識の他に、簡単な文章や表が作れるようなパソコンのスキル、さらにはご自宅や施設などを訪問する機会が多いので運転免許があれば望ましいです。

介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を取得するためには、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、医師、保健師、看護師、作業・理学療法士等の業務従事者、もしくは介護業務従事者として指定日数従事した人が介護保険、保健医療、福祉分野の受講試験に合格して実務研修終了した後に、都道府県から資格登録されてはじめてなることができます。

生活相談員・営業関係職

介護業界での営業関係職は、介護事業、施設運営、事業所などを側面からバックアップ、サポートする役割を担っています。営業の具体的な仕事内容には、入居者の獲得はもちろん、内外の情報収集、顧客情報の管理などをベースに今後の展開と目標を組織的、計画的に実施していく業務などがあります。

また、介護事業の中で社会福祉主事、社会福祉士のどちらかを取得している者は生活相談員になることができます。生活相談員は、援助相談員とも呼ばれており、利用者とその家族との面談や面接、連動する機関との連絡や調整、入居者、利用者の生活面でのお手伝いまでその仕事は広範囲に及びます。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

このページの先頭へ